インポにレビトラは効く?

インポにレビトラは効く?

インポテンツ、つまり勃起不全に効くレビトラという薬があります。勃起不全の英語での頭文字を取って、ED治療薬と呼ばれることもあります。

この薬は、一応は勃起はするものの、それが性交を満足に行うことができるだけの時間持続しない人のための薬です。よく誤解があるのですが、レビトラは直接的に勃起を引き起こす薬ではありません。

そうではなくて、曲りなりにも自力で勃起することはできるもののそれが持続しない、すぐに萎えてしまうというのを防ぐための薬です。インポテンツには自力では勃起させることのできない症状も含まれますが、それにはこのED治療薬では効果は期待できません。

ましてや催淫剤とか、性欲が増強されるような薬では全くありません。そういう意味では女性が服用したところで全く何の意味もありませんし、むしろ副作用が起こる可能性だけを持つことになってしまいますから、百害あって一利なしです。

用法用量ですが、普通は1回10mgを性行為の1時間前に服用するとされています。ただし10mgで十分な効果が得られないときには20mgまで増量することもできます。ここで問題になるかもしれないのが性行為の1時間前という点でしょう。

誰でも分かることでしょうが、今から1時間後に性行為をすると確実に決まっているような状況というのがどれくらいあるものかという問題です。

自分の場合はまずそういう状況ばかりだという人はそれで問題ありませんが、もっと前から服用しておくことはできないのか、あるいはより切羽詰った状況になってから服用しても効果は得られるのか、男性なら誰しも気になるところでしょう。

これは、服用してから効果を発現し始めるまでの時間、そして効果の持続時間がポイントになります。もちろん個人差や同じ人でもその日の体調などによって変わってきますが、服用後効果を発現し始めるのはだいたい20分から30分後とされています。

性行為のシチュエーションにもいろいろあるでしょうが、切羽詰った状況になってから服用してもまずまず効果は期待できそうです。

一方で、パートナーと一緒になってからいそいそと服用するような恥ずかしい真似は避けたい、できるだけ早い時間にこっそりと服用しておきたいという人ももちろんいるでしょう。

レビトラの効果持続時間は服用後だいたい6時間程度と言われています。これだけの時間効果が続くのであれば、例えば夕方のうちに服用しておくような手も使えそうです。