インポ治療の手術はあるの?

インポ治療の手術はあるの?

インポを改善する手術としては血管に関するものが有名です。その中で代表的なものは動脈性と静脈性のものです。動脈性のインポは男性器への血流が十分に入っていかず、勃起ができない状況を指します。

原因としては血管が狭くなっていたりふさがったりすることが挙げられます。こうした状況を改善するためにも手術による治療が必要です。

体内から健康な血管を取り出してそれを血管の通り道として代用するバイパス手術やカテーテルによって閉塞状況を脱するものなどがあり、成功率は半々で時間も数時間は要します。

次に静脈性ですが、男性器に流れ込んできた血液をそのまま維持させる機能に異常が見られ、勃起を維持できない症状が特徴です。調整機能を取り戻すような手術が必要ですが動脈のものと比べると身体の負担は少なめです。

しかし効果の持続性が乏しく1年間その効果が持つ確率は50%を切ると言われています。静脈が色々とできていることで調整しにくく、それを除去したとしても新たな静脈が出てきてしまうことが効果の持続を妨げています。

つまりこれらのことをやったとしても、かなりのリスクを伴うということです。これとは別のものとしては陰茎プロステーシス移植術があります。男性器にシリコンなどを入れて擬似的な勃起状態を作るというものです。

この手術は最終手段とも呼ばれ、様々な治療を施しても効果がなかった人にとっては最後の切り札です。水を用いる方法があり、シリンダーやポンプ、タンクを身体の様々な場所に装着して勃起したい時にポンプを押すことで勃起状態にさせられます。

棒状の器具を入れるパターンでは器具を伸ばすだけで勃起ができる状態になります。このように物理的にインポを改善することが可能です。

最大のリスクはこの切り札を切ってしまうと自然に勃起させることなどが難しくなる点です。本来勃起は身体が興奮を感じ取り、それで反応するのが一般的です。

これを行うことでスイッチのオンオフのように勃起を扱うことになるため、自然に行うことが難しくなります。そして元の状態に戻せないのもネックです。だからこそ最終手段であり、扱いには注意が必要です。

いずれのケースも性行為を数ヶ月はできないため、パートナーがいる人にとっては厳しい状況を迎えます。そしてパートナーに対してこうした状況を打ち明けていない人にとっては苦しい弁明を余儀なくされるなど負担は大きいです。

それでも成功すれば根本的な解決が見られるため、勝負に出る男性が治療を受けています。