インポになる原因とは?

インポになる原因とは?

年齢を重ねる事が原因になっている割合は高いものの、近年の進歩した医療技術により近年では年齢のみが引き金になっているわけではない事実が判明しています。

当人でさえも気が付かないうちにストレスを溜め込んでしまっている事をはじめ不規則で偏った食事が癖になっていたり、自動車ばかりを利用した移動で運動不足になっているという事も悪影響を及ぼしやすいですし、連日過度に飲酒したり喫煙習慣があるのなら尚更です。

他にも脂質異常症や糖尿病、高血圧といった現代人に特に多い生活習慣病に見舞われている方は発症するリスクが尚一層高まります。

そうした原因になり得る事柄が多いインポとはきっかけは様々ですが、機能が上手くいかない様子は共通しており、それは動脈が広がる様子が十分ではないという事です。

性的な刺激を見たり感じると脳が信号を発し、それらが陰茎に対し伝達されると陰茎海綿体という部分の動脈が大きくなり通常時よりも多量の血液が流れていき、正常なサイズアップが行われます。

一方インポとは血管そのものに動脈硬化といった障害が引き起こされていると、陰茎海綿体が広がらないので十分に血液が供給できなくなってしまい、全く大きさが変わらなかったり本来の機能が得られない様相になってしまいます。

糖尿病や高血圧、脂質異常症という生活習慣病にかかってしまうと直接的な原因になり得るのは、こうした仕組みが関係しているためです。

ただし、血液が正しく供給されなくなってしまう理由には人それぞれ違いがあり、健康に気を使った生活を心がけている方でも、自分の気持とは裏腹に起こってしまうのが心因性のタイプです。

日常生活における少しの出来事がストレス要因になってしまい、それらがトラウマとなり発症してしまうという事です。

具体的には愛する人に軽蔑的な言葉を言われてしまった事がショックでトラウマになり、目視もしくは物理的に刺激を受けても一切変化が起こらなくなります。

また取り分けて異性から厳しい言葉をかけられてしまったという事実が無いのに、陥ったしまう場合のインポとは金銭面での不安や奥さんとの不仲、仕事で感じる強いプレッシャーや心身の疲労というように社会人であれば誰にでも起こりやすい事です。

そして、現在はストレスフリーの生活をしていて一切原因の見当がつかない時は、過去に遡ってみると幼児期に経験した事柄が要因になっている事例も少なくないので治療が難しくなります。